Phonon official web site

  • twitter
  • sound cloud

HOME > blog

blog

18/06/28

夏が本格的に牙を剥き出し始めた最近ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

俺はもう既に挫けそうです。イマイズミです。

そういえばニュースで見たんだけど、こういう梅雨の晴れ間の時こそ熱中症に注意しなきゃいけないらしい。

お気をつけて。

 

 

さて改めて、先日発表した通り9/23の豊明でのライブを以ってphononが活動休止する事になった。

いや、活動休止をすると決めた。だね。

内容についてはもう、公式のあれの通りです。

突然の発表でごめん、というよりも、この約12年の活動の中で俺らを見つけてくれてありがとう。です。

そしてまだ止まるまであと約3か月ある。

その中でまだまだ進化していくつもりです。

どうか見ていてほしい。

 

 

今日こうやってブログを書こうと思ったのは、実は休止の事を言いたかったわけではなくて。

何より今日は「WADACHI」の発売日じゃないかと。

もう聴いてくれたという人をより楽しませる為に、これから聴くよという人の期待値をより上げる為に、収録曲のセルフライナーノーツなるものを書き記しておこうかなと思って。

正直俺が伝えたい事がこと細かに伝わるのは本意じゃないから、皆のそれぞれの解釈を邪魔しない程度に書いていきます。

 

それでは曲紹介。

 

1.イノセントサマー

この曲が生まれた経緯はよく覚えてる。

2年前くらいだったかな、ふと車を走らせ宛もなく遠くに行った事があって。

まぁ結局行き着いた先は富士山だったんだけど。

付近の暗い駐車場に車を停め、夜な夜な書いた曲。

ちなみにその時は中々に寒い時期だった。

そっから1年後位に歌詞を完成させたんだけど、その時も夏では無かった。

まぁ発売が夏だし良いよね!

 

2.Mr.Madman

こう何年も音楽をやっていると、音楽の趣味嗜好ってのは変わってくるもんで。

もちろん土台の部分はずっと変わらないんだけど。

その変わるタイミングで、自然と生まれた曲。

ギターロックではなくロックンロール。

怒りの一曲。

 

3.錆に花

この曲については割と前からちょくちょく話してきたけど、友人の結婚の事を書いた曲。

今までのらしいphononと、新しくやりたい事が絶妙に混ざって、俺らの真骨頂を見せられたんではないかと。

あと歌詞は自分に100点を付けてあげました。

 

4.幽霊の日

皆大好き6/8拍子。いや、俺が好きなだけか。

好きすぎて封印してた節がある。

内容については、まぁなんだかんだ収録曲の中で一番俺っぽいのかもと。

蹴飛ばしたい踏み台って…

どんなに辛くても踏み台蹴飛ばすのはおすすめしない。

 

5.mist

人と人との関係って天気のようなもんだと思ってて。

その時の感情によって晴れたり、どんよりしたり、雨降らしたり、たまに雷落としたり。

そしてさらにたまーに霧みたいな人がいるんだよね。

何話しててもその人が見えないというか、一歩進んだ先の闇が深すぎる人。

そういう人ってマジで目が笑ってない。

そんな恐怖を曲にして紛らわしてみました。

 

6.茜坂商店街

2018年の上半期で一番好きな曲を聞かれたら、この曲を答えるかもしれない。

完全にオリジナルの架空の名前を付けたつもりでしたが、FF14に同名の街が出てくるらしいです。

残念。

 

7.ツグミ

この曲についてはもう、完全に俺です。ぽいではなく。

ここまで丸々自分を映し出し、最後まで救いがない歌詞を書くってのは中々に勇気が必要だった。

救いがなかろうが、駄目駄目であろうが、生きてる限りはやっぱ手を伸ばし続けていなきゃ。人は。

だからラストはこの曲なんです。

 

 

以上で紹介終わり。

 

 

正直、昨日の今日でまだ整理がつかなくてアルバム聴けないって人もいると思う。

分かる。大丈夫。

また落ち着いた時、ゆっくり聴いてやってください。

 

 

イマイズミヒカル

 

コメント(0)

PAGE TOP