bglen

【今あるシミに対応OK】ビーグレンQuSomeホワイト2.0 と QuSomeホワイト1.9の違いは?

ビーグレンの人気商品「 QuSomeホワイト1.9」が「QuSomeホワイト2.0」にリニューアルしました!

1.9と2.0では何が変わったのかな?と思ってHPを見ていたところ、主な改良点は次の5つ。

  1. できてしまったシミを薄くする力UP
  2. シミのリバウンド防止力UP
  3. 肌への刺激を軽減・保湿力UP

 

このなかで、やっぱり一番気になるのは「できてしまったシミを薄くする力」の向上。

すなわち、ハイドロキノンの濃度UPです!

元々、ハイドロキノンは医療機関でのみの処方でしたが、現在は市販の化粧品でも配合される成分。

ただ、市販の化粧品と医療機関で処方されるクリームでは、ハイドロキノンの濃度に差があると言われています(各商品によって濃度は区々ですが・・)。

 

この点、ビーグレンの従前の「QuSomeホワイト1.9」は、濃度が1.9%と言われており、濃度だけを見ると、ちょっと薄いかなという感じ。

ただ、ビーグレンの浸透技術である「QuSome」を利用することで、4%濃度程度の効果が発揮できると言われていました。

 

今回、パワーアップした「QuSomeホワイト2.0」は従前の「QuSome1.9」よりもハイドロキノンの濃度が5%アップ!

それに加えて、QuSomeホワイトクリーム2.0に最適化した形で浸透技術(QuSome)を改良したとのことなので・・・これはかなり期待できるのではないでしょうか。

ハイドロキノンは効果がある半面、刺激を感じる成分なので、濃度が高いクリームを皮膚科で処方してもらっても、赤くなって使えない人もいるとのこと。

この点、ビーグレンはQuSome技術でハイドロキノンを包んでいるので、効果があるけど肌に優しい設計になっています。敏感肌の人でも使いやすいですね。

今までのハイドロキノンクリームに効果を感じなかった人や、肌荒れして上手く使いこなせなかった方は使ってみてはいかがでしょうか。